Just another WordPress site

お稽古を楽しむコツ

緊急の用事ができて時間通りに行けなくなった時は、どうすればいいですか

Q) 緊急の用事ができて時間通りに行けなくなった時は、どうすればいいですか

A) まずは、教室に電話連絡をください。

状況をお聞きして、お稽古の開始時間を遅らせるなり、お稽古日を別の日に設定するなりの事をしましょう。
困った時は、まず、相談をしてください。

肩が痛くてお稽古ができません。習った事を忘れない為にはどうすればいいですか?

Q) 緊急の用事ができて時間通りに行けなくなった時は、どうすればいいですか

A) まずは、教室に電話連絡をください。

状況をお聞きして、お稽古の開始時間を遅らせるなり、お稽古日を別の日に設定するなりの事をしましょう。
困った時は、まず、相談をしてください。

お稽古で使う着物・小物に持ち合わせがない場合はどうすればいいですか?

Q) お稽古で使う着物・小物に持ち合わせがない場合はどうすればいいですか?

A) まずは、相談してください。

教室に予備があれば、それをお貸しすることもできます。
繰返し使うものであれば、有償でお譲りすることもできます。
1人で悩んで、結果的に最適でないものを買ってしまうくらいでしたら、相談してください。
知識と経験豊かなきものコンサルタントとして、長く使えて、最適な着物・小物を紹介します。

お稽古で使う「やわらかもの」とはなんですか?

Q) 着装・着付け教室などでのお稽古で使う「やわらかもの」とはなんですか?

A) 「やわらかもの」とは、正絹でできている着物全般を指します。例えば、正絹訪問着、色無地や小紋が「やわらかい着物」となります。
ただ、TPOによって使い分けられているので、気をつけてください。

例えば、訪問着は格の高い着物になります。あわせる帯は袋帯になります。
色無地でしたら、お茶席や、ちょっと改まった席などで着ることが多くなるのでしょうが、この場合は、名古屋帯になります。
小紋は、気軽なお出かけ着となります。

きもの教室で「やわらかもの」といった時、どのような着物を想定しているのかも、あわせて考えるようにしてください。
着物は、歴史があるだけに奥が深いです。それもあわせて楽しんでください。

ちなみにですが、「かたい着物」というものもあります。それは、木綿・綿・ウールの着物の事を指しているようです。

これは、今回の質問に入っていないので、又、別の機会にお話したいと思います、

お問合せ


入学を申し込む方はこちらへ
お稽古に関するお問合せはこちらへ

きものに関する質問


きものに関する質問はこちらへ

きものあれこれ

お役立ちサイト

ホームページ作成ご相談は当社へ

お問合せ先はこちらへ (担当 鈴木)

Copyright © 装道 安藤直美 礼法きもの学院 All Rights Reserved.
Powerd by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.